• ホーム
  • ジェネリック医薬品はなぜ安いのか?

ジェネリック医薬品はなぜ安いのか?

けんかしている夫婦

コストパフォーマンスが良いと言われているジェネリック医薬品は、先発医薬品の特許が切れた後、別の会社が同じ成分を使って製造した後発医薬品です。
先発医薬品の開発には膨大な費用と時間がかけられますが、ジェネリック医薬品は既に開発された有効成分を使用していることから販売までの期間が短く、先発医薬品と同等の効果が得られ、価格も安く済むのでコストパフォーマンスが良いと言うわけです。
コストパフォーマンスが良いことから、厚生労働省もジェネリック医薬品の使用促進を勧めています。

ジェネリック医薬品も先発医薬品と同じように、症状に合わせて医師から処方してもらえます。
使用方法をきちんと守ることで適正な効果が実感できます。
開発費用は安く抑えられているのでコストパフォーマンスが高い薬ですが、先発医薬品である新薬と同じように国が定めた厳しい品質基準で承認された医薬品なので安心して使うことが可能です。
国で定められた基準には、有効成分の純度などを確認する規格試験や体内で溶ける確認をする溶出試験、新薬と同じ早さで有効成分が体内に吸収されるかどうかの生物学的同等性試験、長期保存できるかどうかの安定性試験があります。

副作用は先発医薬品であってもジェネリック医薬品であっても起こることがあります。
先発医薬品の時に既に効果と安全性が十分確認された後に開発されることの多いジェネリック医薬品ですが、体質によって個人差が出ることもあるので、不安や体調の変化がある場合は医師に相談する必要があるでしょう。

ジェネリック医薬品は先発医薬品とは色や形が違うものもありますが、有効成分や効果に違いはありません。
新薬が開発されてから特許が切れるまでは長い期間がかかっており、その間に製造技術が進歩したり製剤の開発方法が変わっていることがあるので、より飲みやすくするために色や形が違うものがあるのです。
また使用方法を間違えないように、色や形が工夫されていることもあります。
他の薬と間違えないように目立つ色にしたり、錠剤などを幾つも飲まなくて良いように含まれている量を工夫したりしているのです。

ポゼットの効果やその特徴について

早漏防止薬のプリリジーにもジェネリック医薬品、ポゼットがあります。
ダポキセチンが含まれているプリリジーは、世界初の錠剤型早漏治療薬で様々な国で認可されています。
日本でも厚生労働省の許可を得た薬です。
そのジェネリック医薬品であるポゼットにも有効成分にダポキセチンが含まれており、射精までの時間が長くなるように脳の興奮を抑える効果があります。

ポゼットは服用後1時間程度で効果が現れるので、性行為の1時間ほど前に服用すると効果を実感できます。
ポゼットは食前食後を問わずに服用することができますが、決められた以上の量を飲んでも効き目が高くなるわけではありません。
また併用してはいけない飲み物や食べ物があったり、状況によっては服用できない場合もあるので、事前に使用方法を確認する必要があります。
1日に摂取できる決められた量など正しい使用方法を守ることで効果が出てきます。

ポゼットの副作用が出る確率は低いですが、主に出てくる副作用としては下痢や吐き気、頭痛やめまい、睡眠障害などがあります。
これらの副作用は薬の作用が切れてくると薄まることがほとんどですが、不調が続く場合は医師などに相談する必要があります。
また使用方法を守っていない場合も副作用が出ることがあるので、しっかりと使用方法を守ることが重要です。
併用禁止の薬もあります。
既に他の薬を飲んでいるけれど、ポゼットの使用を考えている場合は、専門家に確認する必要があります。

プリリジーと同じように早漏防止に効果の高いダポキセチンが含まれていながら、購入しやすい価格でコストパフォーマンスが良いポゼットは、使用方法を守ることで早漏の悩みが解決できる心強いジェネリック医薬品です。