• ホーム
  • スーパーPフォースの正しい使用方法

スーパーPフォースの正しい使用方法

落ち込んでいる男性

スーパーPフォースは男性の大きな悩みである早漏とEDを、一度に改善できる画期的な治療薬です。
ただし日本では承認されていないため、個人輸入を利用して購入するしかありません。
個人輸入で買った薬の使用は自己責任となるため、副作用を防止し最大の効果を得るためにも、正しい使用方法を知っておくことが大切です。

スーパーPフォースは性行為の1時間前に服用するのが基本です。
有効成分が体に吸収され、効果を発揮するまでには30分~1時間ほどかかるとされているので、早い人では30分で効果が現れることもあります。
できるだけ吸収を早め胃を荒らさないために、水またはぬるま湯で服用するのがお勧めです。
効果は4~5時間ほど持続するとされています。

コーヒーなどカフェインを含む飲み物とは一緒に服用しないでください。
またグレープフルーツジュースと一緒に飲んではいけません。
カフェインや柑橘類に含まれる成分は、薬と反応して副作用が出やすくなることがあります。
アルコールは少量ならリラックス効果があり問題ありませんが、多量に飲むと薬の効果を打ち消し、勃起しなくなることもあるので注意してください。

スーパーPフォースにはいくつかの併用禁忌薬があります。
ニトログリセリンなどの硝酸剤や抗真菌薬、抗うつ薬などがその代表例です。
こうした薬を常用している方は使用しないでください。
そのほか持病があって医師の治療を受けている方は、主治医に相談してから服用することをお勧めします。

スーパーPフォースは食べ物の影響を受けやすく、満腹時に服用すると吸収が阻害され、効果が落ちてしまいます。
服用の2時間ぐらい前までは食事をしないようにしましょう。
個人差があるため軽い食事なら影響が出ない場合もありますが、脂っこい食事は特に控えたほうが無難です。
スーパーPフォースの副作用には頭痛やほてり、吐き気などがあります。
こうした症状が現れたら、使用を控えてください。

バイアグラとスーパーPフォースの違い

ED治療薬バイアグラの主成分はクエン酸シルデナフィルで、血管を拡張させペニスに血液を集めることで勃起力を改善します。
スーパーPフォースには、このクエン酸シルデナフィルのほかに、ダポキセチンという成分が配合されています。
ダポキセチンは興奮を抑える脳内物質セロトニンの量を増やし、射精までの時間を延ばす働きがあります。
そのためEDだけでなく早漏を改善する効果も期待できます。

EDと早漏は互いに関連していることが少なくありません。
EDの傾向があると中折れを防ぐため、少しでも早く射精しようとして、早漏になってしまうことがあります。
また早漏で性行為に対する自信をなくすと、それが精神的なストレスになってEDに繋がります。
スーパーPフォースはどちらの悩みも一気に解決できる薬として、世界中で人気になっています。

シルデナフィルとダポキセチンは影響を与えあうことはないので、一緒に服用しても問題はありません。
ただし両方の副作用が出ることもあるため、最初は少量を試してみることをお勧めします。
バイアグラの主力商品にはシルデナフィルが50mg配合されていますが、スーパーPフォースには100mg含まれています。
これは体格の大きい欧米人には適量でも、日本人には多すぎる場合があります。

スーパーPフォースはピルカッターなどで半分に割って飲むのがお勧めの使用方法です。
体が薬に慣れていない最初のうちは、4分の1でも良いかもしれません。
小さく割って使えば、それだけ経済的にもお得になります。
ただし効き目がないからといって、後から追加して飲むのは避けてください。
一度服用したら、次に服用するまで24時間以上空けることがとても大切です。