• ホーム
  • プリリジーの効果と副作用

プリリジーの効果と副作用

薬のケースを口に入れる男性

プリリジーは短時間で作用する選択的セロトニン再取り込み阻害薬です。
内服タイプの早漏治療薬として2009年に世界で初めて開発されました。
開発したのはアメリカの製薬会社の子会社でベルギーに本社がある会社ですが、現在はイタリアの製薬会社によって製造・販売されています。
プリリジーはヨーロッパを中心に世界の60か国以上の国々で認可されている早漏の治療薬です。
日本では未承認な状態なので、個人輸入するか取り扱っている病院で受診する必要があります。

プリリジーは脳内物質のセロトニンを増加させ、興奮を抑えます。
性的な興奮が上手く抑制できないと、射精までの時間が短くなります。
プリリジーを服用すれば、性的興奮を抑制して射精までの時間が延長されます。
選択的セロトニン再取り込み阻害薬は抗うつ剤の一種で、日本では100万人以上の服用者が存在します。
プリリジーはまだ日本で承認されていないので、プリリジーを取り扱う病院は少数派です。
海外では数百万人以上の早漏患者を治療してきた実績があります。

射精のメカニズムでは交感神経と副交感神経が重要な役割を果たします。
交感神経は射精時に優位となり、脳内物質のノルアドレナリンが分泌されます。
早漏になると副交感神経と交感神経の切り替わりが上手く制御できません。
そのため交感神経が過剰に反応して短時間で射精します。
プリリジーはセロトニンを増やしノルアドレナリンの分泌を抑えます。
ペニスの射精中枢へ興奮が伝わるのを抑制するため、射精までの時間が3倍から4倍に延長されます。

プリリジーの効果は使用を継続するほど強くなります。
初回使用者の場合、射精までの時間が約2倍になるとされます。
さらに半年ほど使用を継続すると、3倍から4倍に延長できるようになります。
またプリリジーは用量が多いほど早漏を改善する高い効果を期待できます。
経口早漏治療薬なので、手間がかからず誰でも簡単に使用できるという特徴があります。

プリリジーの飲み方と服用方法

プリリジーは手間がかからず簡単に服用できる経口早漏治療薬として人気があります。
日本国内では未承認とされていますが、通販で購入することができます。
通販で購入する場合には、個人輸入という形になります。
日本国内で未承認の医薬品を輸入・販売することは基本的に禁止されています。
一方で個人的な使用を目的とした輸入は合法とされます。
インターネット上の通販サイトは個人輸入の代行業者によって運営されています。
代行業者が個人輸入の手続を請け負うことも合法とされます。

自分でプリリジーの個人輸入を行う場合には、煩雑な手間がかかります。
しかし個人輸入代行業者を利用すれば、誰でも簡単に購入できます。
プリリジーは性行為の1時間前に服用するのが基本的な飲み方です。
一旦服用したら次回まで24時間以上の間隔を空けます。
効果の持続時間は3時間から5時間です。
副作用には頭痛や口の渇き、めまい、吐き気などがあります。
食事の影響を受けて効果が弱まることはありませんが、アルコールには注意が必要です。

プリリジーとアルコールを一緒に摂取すると副作用が強まるため併用を避けます。
服用後1時間から4時間経過すれば、アルコールを摂取できるようになります。
アルコールはプリリジーと同様にセロトニンやノルアドレナリンに作用します。
相乗作用により吐き気や動悸、頭痛、発汗などの症状が強まるとされます。
場合によっては失神することもあるので注意が必要です。
重度の狭心症や心筋梗塞、心臓弁膜症などの場合もプリリジーを服用できません。

てんかんやうつ病、躁うつ病の場合、起立性低血圧や失神の既往歴がある場合などもプリリジーを服用できないとされます。
健康上の問題がある場合には、医師の指示に従う必要があります。