• ホーム
  • 中折れは治療できるのか?

中折れは治療できるのか?

性行為中に急に男性のペニスの勃起が萎えてしまって、性行為を継続できないことを中折れといいます。
最初から全く勃起しないのではなく、ちゃんと勃起はするのですが、女性の膣内に挿入してから萎えてしまうのです。
これは勃起不全、EDと呼ばれる症状の一つであり、男性が持つ性的悩みの中でも多い現象です。

昔は加齢に従って勃起力が弱くなり、中折れしてしまうというのが一般的であり、主に高齢の男性に見られる症状だったのが、最近は20代から30代の若い男性でも性行為中に中折れを経験したことがあるという人が増えているのです。
原因は多忙でストレスがたまったり、偏った食事、運動不足などが挙げられます。
しかし、この中折れは治療することが可能ですので、あまり落ち込みすぎないようにしましょう。
対策はいつでもとれるのです。

中折れの対策としては、ED外来の病院へ通うこと、勃起力を向上させる薬を通販や個人輸入で購入することが手っ取り早い対策方法で、時間をかけてでも根本から治療したいという方は、体質改善を行うという対策をとることです。
例えば、スポーツを定期的にしてストレスを発散しつつ体力をつける、肉類や豆類などを含んだ栄養バランスの取れた食事を意識してとる、性行為のシチュエーションを変える、性的興奮度を高める、疲れを感じたら時間をとってゆっくり休むなどです。

病は気から、と昔からよく言いますが、男性の中折れも精神面が大きく影響しますので、時間はかかっても基本的な体質改善を行っていき、同時に健康な精神力も養っていくことが必要なのです。
中折れを恐れるあまりに性行為に恐怖を抱いてしまうと、パートナーとの関係などにも影響が出始めます。
中折れは治療が出来ること、永久的に今の状態ではなく少し休みが必要なのだ、と思って地道な改善策を試してみることです。
もちろん、手っ取り早く改善したい時にはED治療薬などの手を借りることも良いでしょう。
できるだけ気にせず、心に余裕を持って過ごしてください。

中折れする原因とそれを防ぐ方法

中折れは様々なことが原因となって引き起こされる症状です。
ストレス社会と呼ばれる最近では、精神的な要因から自分でも原因に気がつけないうちに急に中折れしてしまって自信を失うというケースが増えています。
ストレスや疲れだけでなく、加齢、お酒の飲みすぎ、パートナーとの相性、コンドームへの拒否感、過度のマスターベーション、浮気の罪悪感なども原因として挙げられます。

原因は色んなものがありますが、要はそれらを起因として男性ホルモンの分泌量が減ること、ペニスの血行不良で勃起が萎えてしまうのです。
ということは、直接的かつ具体的な改善方法としては、男性ホルモンの分泌量を上げ、ペニスへ血液が大量に流れ込むようにすれば良いわけです。
それには栄養バランスを意識して肉類や豆類をしっかりと摂取すること、精力剤やサプリメントなどを利用してアルギニンやシトルリンという成分を摂取することです。

精力剤に含まれているアルギニンは滋養強壮、精力増大には欠かせません。
特に男性ホルモンの分泌を促進する効果の高い成分ですので、サプリメントを利用する時にはアルギニンが豊富に含まれているものを使いましょう。
そしてシトルリンは血液中の一酸化窒素の量を増大させる効果があります。
一酸化窒素の量が増えることにより血管が拡張されて血液が流れやすくなり、ペニスへ血が集まるのです。

ペニスが硬く力強く長時間勃起するためには、血液が勢いよく大量に流れ込む必要があります。
その為には血管を拡張させ、血液が届きやすくすることが大切なのです。
つまりサプリメントなどでシトルリンを継続的に摂取することで、ペニス自体が膣内で中折れしてしまわないように改善していくことが出来るのです。